カミソリでの正しいシェービング方法

男性も女性も髭の濃さは違いますが、顔のお手入れのひとつにシェービングがあります。女性は顔だけでなく、腕や脚など色々な部位がありますが、成人であれば、誰もが関わりがあります。今は電動のカミソリや髭剃りがあるので気にせずに顔に刃を当てて剃っている方は多いと思います。しかしそれではひげや産毛と一緒に肌も傷つけてしまっています。男女ともにまずは肌を柔らかくしておくことです。具体的には蒸しタオルを肌に当て2分から5分待つ方法です。面倒な方はお風呂上りという手もあります。この後、顔を洗って毛穴や肌についている汚れを落とすことも大切です。カミソリの刃に汚れがついては不衛生になります。また余計な負荷がかかることで肌を傷つけます。また蒸しタオルで毛穴を広げた後に洗顔をすることで丁寧に顔の汚れを落とすことができるので、効率的です。

シェービングの前には蒸しタオルと洗顔で前準備

最も大切なシェービングの前の用意としては、顔をキレイにする以外に、肌を保護することです。直接肌に刃を当てると角質を剥がしてしまいます。顔を洗った後の肌は余分な角質は少ないですので、薄皮一枚めくるような感覚になります。では顔を洗わなければいいのではというのは、不衛生な上にこちらも危険です。そこで専用のクリームや乳液や保湿クリームなどを塗って肌を保護します。これで余程刃を強く当てる、間違った動かし方をするなどしない限り肌に傷がつくことは少なくなります。とにかく最初に肌に刃を当てるための前準備をしておくことが大切です。いざ刃を顔に当てる時、流れに沿って剃るようにしましょう。脚の毛を剃る時につい下から上の方向に足の先からヒザに向けて刃を動かすと剃りやすいですが、肌も一緒に削ってしまうのでヒザから足の先に刃を動かすことが大切です。

シェービングはクリームで肌を保護してから

顔のシェービングは男女ともに基本は上から下です。もちろん例外もあります。男性の髭は濃く深いですから、逆方向に剃る事で深く剃る事もできますので、その時は注意して刃を動かします。女性は基本的に上から下を守ってほしいですが、頬骨付近は内側から外に向かって刃を動かします。また男女ともに張り手という方法があります。皮膚を手で引っ張り刃を逆に動かす方法です。ただこれはプロのテクニックのひとつですので、完璧な技を体感したい方は床屋さんなどでお願いすることがおすすめです。またシェービングの後は当然肌のお手入れをします。いくらクリームで保護していたとはいえ完璧に守ったわけでは無い上に、クリーム自体が残っている場合があります。蒸しタオルなどで顔を拭き、化粧水やクリームで保湿をします。ここで洗顔をする事はおすすめできないのは、肌の保護をするための必要は角質まで取り去ってしまう可能性があるからです。

予算が気になる方は、気になるサロンへまずお問合せをしてみるとよいでしょう。 挙式に合わせて美しくなりたいあなたにぴったりのブライダルエステサロンを、エリア別、ケア別に見つけることができます。 無料カウンセリングの予約フォームから入力できます。 ブライダルエステナビでは、全国から身近な場所にあるブライダルエステを簡単に見付ける事ができ、無料のカウンセリング予約が可能となっています。 シェービングのできるサロン探しはブライダルエステナビ