優しいシェービングに最適なボディミルクを使用した方法を紹介

男性の日頃の身だしなみに欠かせないものの一つにシェービングがあります。シェービングとは、ムダ毛やヒゲを剃ることで、カミソリや電動シェーバーを用いて行います。ムダ毛は体質的な個人差が大きいので、全身を剃る人もいれば、顔だけ剃るという人もいます。剃る方法には、それぞれのメリットとデメリットがあります。カミソリで剃る場合、生え際のギリギリのラインまできれいに剃りあげることができます。これは、理容室が髭剃りにカミソリを用いている理由の一つにもなります。デメリットは、鋭利な刃物を肌に直接当てているので、カミソリの動かし方を間違えると怪我をしやすくなります。一方、電動シェーバーは動かす方向は自由自在で切り傷の心配がなく、不器用な人も安心して使えます。しかし、刃を直接肌に当てない分、仕上がりはカミソリに劣ります。

肌を傷めないようにするには正しいシェービング方法を知ろう

シェービングは、単にカミソリやシェーバーを当てて剃るだけでは、肌を傷めてしまいます。特に髭剃りは毎日行うもので、人によっては1日2回も剃っている人もいます。正しい手順で髭を剃るには、はじめに顔を洗い、汚れを落とします。次に毛の硬さを水分と熱によって柔らかくするために、蒸しタオルなどで顔を温めます。これにより、肌の負担を減らすことができますし、毛穴の汚れも落ちやすくなるメリットもあります。この作業が面倒で省略してしまう人が多いようですが、剃った後の仕上がりや肌の状態に差が出るので是非してほしいところです。蒸しタオルで毛が柔らかくなったら、シェービング剤を塗って剃ります。カミソリの場合は刃を動かす方向に気をつけましょう。最後はアフターローションで肌の保湿をします。

剃る間と剃った後に使うシェービンググッズで快適な仕上がりを

顔や体をシェービングする際に欠かせないものは、シェービング剤です。シェービング剤は潤滑剤としての役割の他、ムダ毛を毛根からしっかり柔らかくする効果があり、肌の負担を少なくします。シェービング剤には、ジェルタイプやフォームタイプがあります。ジェルタイプは最近人気が高いようです。ジェルが透明なので剃る部分が分かりやすく、残したい部分を間違って剃ってしまうリスクを減らしてくれます。高い潤滑性があるのでカミソリの滑りが良いのも特徴です。シェービングフォームは、最初から泡になって出てくるので手軽さがあります。また、ふわふわとした感触なので剃りやすく、洗い流しも早いのが特徴です。剃った後のケアも大切です。大なり小なり肌の表面を削っているので、肌が敏感になっています。保湿効果のあるローションやクリームなどで肌を保護することでカミソリ負けのリスクを回避することができます。